履行命令とは

履行命令とは、調停で決められた決定事項が守られない時に家庭裁判所から決められた義務を実行するように命令してもらう事です。調停離婚で財産の分与や金銭の支払いが決められたのに支払われない時や子どもと会う約束が守られない時などに使われる場合が多いです。
この命令に従わなかった場合は10万円以下の過料が求められる場合があります。しかし、強制執行のような強制力はありません。
この制度を利用するには、まず家庭裁判所に申し立てをします。その申し立てにきちんとした理由があり裁判所が認めた場合には期限を決めた上で決定事項を守るように命令をします。強制執行と違い手続きは難しくなく、費用もほとんどかかりません。それでも家庭裁判所からの命令というだけで、相手には相当なプレッシャーをかけることになると思われます。ただ、金銭の支払いに対しての命令の場合はお金が無いから支払えないという相手に支払いを命令してもなかなか実行できないということも考えられます。そんな相手に過料を支払わせてもさらにお金が無くなるので有効な方法ではない場合もあります。しかも過料は申し立てた側には入りません。
場合によっては法的強制力のある強制執行を行うことも考える必要があります。

Filed under: 未分類 — あさ 7:45 AM