内縁の不当破棄

入籍をしないで、一緒に生活をともにする事実婚が最近増加しています。
結婚届けを出さないだけで、他は夫婦と同じです。
そのために、仮に一方的に内縁関係を相手から不当破棄された場合は普通の婚姻関係と同じような権利が発生します。
例え戸籍上は、違う関係でも生活を共にすることは、法律的には夫婦に準ずるとされています。
そのために、不当破棄を受けた時には、当然の権利としては慰謝料等の請求ができます。
また、相手が不倫などをした場合も、同様に請求することが認められています。
入籍していないから、権利がないと考える人が多くいます。
しかし、実際はキチンと財産分与までできることがあります。
決して泣き寝入るをしないことです。
正当な権利として、請求してもらうことが大切です。
自分では、出来ないこともあるので弁護士に相談することです。
新しい生活をするのには、お金はとても大切です。
そして、不当破棄された心の傷も権利を主張することで癒されることもあります。
ただ、相手の言いなりになるのではなく、自分からの条件もだすことです。
女性でも男性でも関係なくひどいことをされたら闘うことです。
その強い心が、こえからの人生には必ず役にたちます。

Filed under: 未分類 — あさ 2:26 PM