依頼のタイミングについて

離婚の際に弁護士を頼む場合、そのタイミングはいつが良いのでしょうか。
一般的に離婚は、当事者の話し合いだけで成立しているケーズがほとんどです。そういう意味では、いきなり弁護士を頼む必要はありません。そのような対応は却って相手の態度が硬化することもあります。まずは自分たちで話し合いを持ち、穏やかな離婚成立を目指すのが一番です。
しかし、正式に弁護士を頼まずとも事前に良く相談をして、離婚に対する正確な知識を持っておくということは大切です。そして当事者同士で話がこじれそうになったときが、最初の頼みどきです。弁護士を代理人として、交渉を仕切り直しましょう。弁護士もいきなり調停にしたり裁判にしたりはせず、まずは話し合いによる協議離婚を前提に仕事をしてくれます。
仮に離婚調停となった場合は、弁護士は必須の存在となります。自分だけでうまく行くケースもありますが、弁護士のサポートなしで行うと、その内容が離婚相場にかなった妥当なものなのか、素人にはわかりません。弁護士が代理人についていれば、あなたの意向を十分尊重したベストな離婚調停を進めてくれます。
また相手に弁護士がついた場合には、状況に関わらずすぐに弁護士を立てましょう。弁護士はどうして依頼者側に有利に話し合いをまとめようとします。プロの弁護士が相手では、素人だけでは太刀打ちができません。
以上のように、離婚の際に弁護士を頼むタイミングは、相手との話がこじれそうになったとき、離婚調停をするとき、相手が弁護士をつけたときになります。
それでも、少しでも早めに相談だけはしておくようにしましょう。

Filed under: 未分類 — あさ 2:26 PM